本人の興味あることでなら活躍できる

不登校や引きこもりの原因は、周りと馴染めないことを本人が気に悩んでいたり、ひどい場合にはいじめの対象となってしまい、社会から拒絶されてしまったように感じてしまい、独りになろうとすることなど、さまざまな要因があると思います。
そういった状態になってしまった場合、なかなかサラリーマンのように一般的に思い描かれる仕事に就くのは難しくなってしまうのかもしれません。しかし、周りがサポートする環境によっては、社会で十分働いていけることもできるのではないでしょうか。
私の小学生のころの知り合いで、中学生のときに引きこもってしまった男性を知っています。引きこもった原因は、確か女子からの気持ち悪いなどとの悪口を言われることによるいじめなどが原因だったと思いますが、私が高校生のときに彼の笑顔を見たことがあるので、本人の気の持ちよう次第で、辛いこともあるのかもしれませんが、なんとかならないこともないのではないでしょうか。
その子はいわゆるアニメオタクで、中学生の卒業文集でも、彼が住んでいるところの近くで開催されたイベントに参加したことを書いていたりしました。完全に休日のことなので卒業文集に書く内容ではない気もするのですが、彼にとって大事なことのひとつだったのでしょう。私もその定期的に開催されるイベントは、彼の卒業文集を見るまで知らなかったのですが、高校生になってから行ってみました。すると、久しぶりに会った彼は、とても楽しそうにイベントに参加していたのです。女性がほとんどで、男性があまりいないイベント会場内でしたが、彼は楽しそうに他の女性の参加者と話していました。女性にいじめられたことがあると、女性不信になり話すことができなくなることもあると思いますが、彼は自分に関心をもってくれる女性ならば大丈夫だったようです。その後も、近所のおもちゃ屋さんでアルバイトをしているなど、彼の興味のある分野であるならば、十分に働いたり活躍することができるのではないか、そう思わせてくれるような出来事を体験しました。
引きこもってしまうきっかけはそれぞれのケースで違ってきますが、それでも周りの環境とかプラスになる要因次第で、社会で働くことも十分可能なのではないかなと思います。